慶應日記@はてな

慶應義塾大学・通信教育課程・法学部・乙類・70期・学士入学の学習記録・復習ノートなどなど

物上代位

    先取特権
    一般先取物件 動産先取特権 不動産先取特権
      不動産賃貸・旅館宿泊・運輸 不動産用益物権 左記以外  
  条文 304条
1条 債務者の意味 所有者
売却 一般先取物件の登記のされている不動産の場合のみ問題  
賃貸 ×:目的物たる性質を失う  
滅失  
損傷  
2条 対価請求権 問題になりえない      
1条但書 払い渡し・引き渡し 趣旨:個々の代償物に対して債権者の優先権を認める
    代償物が債務者の一般財産に混入、第三者が転付命令、譲渡、差し押さえ配当要求の終期
  差し押さえ          
             
    <質権> <抵当権>  
    動産質権 不動産質権 代替的物上代 付加的物上代  
  条文 350条・304条 372条・304条  
1条 債務者の意味 所有者 抵当不動産所有者  
売却 ×:例外:質権者が第三取得者に対して占有回収の訴えの要件を欠くケース × ○:通説、×:有力説  
賃貸 問題になりえない(cf.優先弁済の問題) 問題になりえない(cf.使用収益の問題) ×  
滅失    
損傷    
2条 対価請求権 問題になりえない ×      
1条但書 払い渡し・引き渡し     弁済・抵当権設定登記前の相殺  
        抵当不動産所有者の相殺・債務免除  
        非該当:債権譲渡・質権設定・差押え・倒産手続き  
  差し押さえ     趣旨:第三債務者の保護  
        被担保債権の弁済期の到来は不要 被担保債権の弁済期の到来  
             
             
<参考文献>
道垣内 弘人(2008):『担保物権法 第3版』、有斐閣
広告を非表示にする